<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています


posted BY スポンサードリンク | - | 2012.12.12 | CM : 0 | TB : 0
一昨年から入退院を繰り返しつつ頑張っていた父が逝きました。

十三才で父親を亡くし、長男として戦前丁稚奉公で二十歳まで、それから戦争で中華事変から太平洋戦争終戦まで…
十代、二十代全て苦難に使った人でした。

だから私は遅い子で父が四十代の生まれでした。

戦争で人と殺し合う事に苦しんだ父を愛していました。
不器用な父が大好きでした。
父は地の塩であったと思います。

お父さん、ありがとうございます。私はあなたの娘である事が誇りです。

posted BY 真崎春望 | - | 2009.03.10 | CM : 2 | TB : 0

posted BY スポンサードリンク | - | 2012.12.12 | CM : 0 | TB : 0

Comment

ご尊父様のご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
出張先で急に先生のことを思い出し、久々にこのブログを拝見して知りました。お悔やみが遅れましたこと、お許しください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
from: 山中 | 2009/03/11 1:54 PM
ご尊父様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。

私は両親と呼べる人を亡くして久しいけれど、
訃報に接するたびにその別れを思い出します。

お力落としのこととお察ししますが、どうかご自愛ください。
そして、
更なる奥行きのある世界を心待ちしています。






from: らぴすらずり | 2009/03/10 4:36 PM

Comment form